静岡県は浜名湖の畔で「ひもの」を作り続けて40年。全国のご家庭に本当に美味い「ひもの」をお届けしてきました。この度、お客様にネット通販を通じて直接お買い求めいただけるよう準備しました。

舞阪は全国でもシラス漁が有名な町です。当店も元々はシラス加工をメインに、漁のない冬に地元で水揚げされた魚を干物にしていました。しかし小さな港町の漁獲量には日々ムラがあり、安定した干物の供給が難しい状況でした。そんな折、先代がたまたま訪れた北海道で真ほっけに出会いました。今でこそ居酒屋で定番メニュー、食卓にも並ぶ機会の多いホッケですが、当時はほとんど本州では知られておらず漁獲されたホッケも北海道内で消費されていました。この先代とホッケの出会いこそが当店の干物専門店としてのスタートでした。それから四十年以上、真ほっけだけにとどまらず、サバや秋刀魚などプロの職人として日々美味しい干物を作りつづけています。

 職人の魚選び    漁場へのこだわり  

 生産している魚のメインは北海道産真ホッケ、サバ、サンマなどです。

「なぜ静岡県で真ホッケ?」

とお思いになられるでしょうが、そこがまず当店の強いこだわりです。日本全国いろいろな魚が水揚げされています。しかしその魚の産地でさえも、時期や場所にによって脂乗りや身質が変わります。そこで当店では地元で獲れた魚だけにこだわらず、本当に美味しい干物に最適な魚を、季節や漁場またはその年の状況などを職人の目で見極め、北海道含め全国や海外などからも積極的にこだわりの仕入れをしています。


 職人の味付け    塩へのこだわり  
塩へのこだわり
塩へのこだわり

干物の味付けは塩のみといたってシンプルです。だからこそ塩にもこだわります。干物を塩漬けにする理由は味付けは勿論のこと、塩の浸透圧を利用して、身の弾力を引き出しタンパク質を旨味成分であるアミノ酸に変え、脱水作用によって魚の臭みを消します。これほどいろいろな効果がある重要な塩ですので、当店は昔から塩造りで有名な赤穂地方の塩を使っています。特徴として、クセがなくまろやかな味で、魚本来の味を引き出してくれます。


 職人の技術    進歩へのこだわり  

干物に限らず魚は時間が経つほど外気にふれ、酸化して品質が落ちていきます。昔の干物は日持ちがする保存食として大量の塩を使い、長い時間をかけ水分を極限まで抜いて作られていました。現代の干物は適度な水分を残し、塩加減を調整して魚を美味しく食べる一つの調理法になっています。そこで出来立ての美味しい干物の劣化を防ぐため、当店通販サイトの商品は一部のお買い得品などを除いてすべて、こだわりの真空個包装になっています。美味しさを追求し、昔ながらの製法と現代の技術の良いところを取り入れています。